• 日. 2月 25th, 2024

フォトショップとAI: イメージ創出の構造変化

Bykojo

9月 15, 2023

投稿日:2023年9月15日 最終更新日:2023年9月15日 記事制作:kojo

今日、デジタルイメージ創作は新たなパラダイムシフトを迎えています。Adobe Photoshopの最新アップデートにより、AI(人工知能)が大きく関与するようになりました。この進化により、イメージの映像化がより効率的で簡単になり、これまでの制作工程が大きく変わります。

成生AIとPhotoshop

成生AI(Generative AI)は、機械学習の一種で、新しいデータを生成する能力を持ちます。Photoshopでは、この成生AIを利用して、指定した参照画像に基づいて新しいイメージを生成します。

成生AIを利用することで、ユーザーは自分のイメージを具現化するために、詳細な描画スキルや時間を必要とせず、一部の修正や加筆だけで高品質なイメージを作り出すことができます。

理想的な制作の流れ

1.set a light 3Dで初期イメージを作成

制作の最初のステップは、set a light 3Dを用いて初期イメージを作成することです。set a light 3Dは、3Dライティングシミュレーターで、リアルな照明条件の下でのシーンを簡単に作り出すことができます。このツールを使うことで、より現実的なイメージを生成することが可能になります。ソフトを起動して、ある程度周辺環境を整備します。限られたモデルの中から選んで、髪型や服装などを選ぶ必要があります。全体のイメージとしてざっくりと捉えましょう。

今回は、メインライトとしてビューティーディッシュ、フィルライトをアンブレラにてシュミレーションしました。

2.成生AIの参照画像に設定

set a light 3Dで作成した画像を成生AIの参照画像に設定します。これにより、AIは参照画像を基に新しいイメージを生成するための指針となります。お好みの成生Aiでよろしいかと思います。私はLeonardo.Aiを利用しています。

直接この画像をフォトショップに入力してAi作画すると、なかなか好みの顔になってくれません。美しさの習得にはもう少し時間がかかるようです。

3.プロンプトを追加して画像生成

次に、具体的な指示(プロンプト)を追加します。これにより、AIはプロンプトに従って画像を生成します。例えば、「日没時の海辺」、「雨の中の街並み」などのプロンプトを使用することができます。今回は「A gym in the city, skyscrapers visible from the windows, innovative sportswear, everyone in good spirits, and very beautiful people.」と入力しました。成生Aiのパラメーターを調整することでいろんな画像を偶然として作り出すことができます。

変なもの(手など)が写り込んでいたりするので細かな部分を修正していきます。表情と背景の組み合わせで選ぶことになりそうです。あるいは人物を選んで、背景を変えていく方向性も可能です。作例としては真ん中の2行目(下)のイラストを選択しました。

4.Photoshopで画像を修正・加筆

AIによって生成された画像は、Photoshopで細部の修正や加筆を行います。これにより、AIの生成したイメージを更に精緻化し、自分のイメージに近づけることができます。背景とユニフォームを変えてみました。顔の部分は元の画像のままです。人物の体だけ選択してトレンディなスポーツウエアというプロンプトを入力しました。背景だけ選択して、ビルの最初のAi成生時に使用したプロンプトを入力しました。

イメージ創出の構造変化

これまでのイメージ創出は、アーティストの手作業による描画が主でした。しかし、成生AIの導入により、イメージの映像化は劇的に効率化され、より簡単になりました。また、過去のデータに基づいて新しいイメージを生成するAIの能力により、アーティストの創造性を引き立て、表現の可能性を広げることができます。

  • 作画工程の効率化 – AIに画像生成を任せることで、作画に費やす時間とコストを大幅に削減できるようになった。
  • アイデア創出の拡大 – AIにキーワードを入力するだけで多様なバリエーションの画像を生成できるため、アイデアの範囲が広がった。
  • 技術力への依存度低下 – 作画技術がなくてもAIを活用すればある程度のクオリティは出せるようになり、技術への依存が下がった。
  • 作画の民主化 – 作画スキルがない一般人でもAIを利用すれば作画が可能になり、作画が一部のプロから全ての人へと開放された。
  • 作風の汎用化 – AIの学習データに偏りがあるため、ある程度汎用的な作風の画像しか出力できない。作風の多様性が損なわれている。
  • 著作権の希薄化 – AI生成画像の著作権の帰属が不明確になり、画像の利用ルールが曖昧になっている。

まとめ

Photoshopと成生AIの組み合わせは、イメージ創出の構造を大きく変化させました。アーティストは、より効率的に、そして直感的にイメージを映像化することができ、これまでにない新しい表現を生み出すことが可能になりました。

この進化は、アーティスト達がイメージを映像化する方法だけでなく、芸術の表現自体にも大きな影響を与えています。成生AIの導入は、アーティストが従来の制約から解放され、創造力をより自由に発揮することを可能にしています。

新しいPhotoshopのアップデートは、適応力と創造性が求められるデジタルアートの世界において、独自の地位を確立していることを明確に示しています。それは単にツールを提供するだけでなく、アーティストの思考と創作プロセスそのものを変革しています。

アーティストが成生AIと共同で作品を制作することで、視覚芸術の新たな形が生まれているのです。画像生成ツールの進化により、アート制作のプロセスはより協調的で、より直感的なものになりました。これは、アーティストが新たな視点で物事を見つめ、新たな方法で表現するための道を開いています。

Photoshopと成生AIの組み合わせは、アーティストに対する魅力的な提案をもたらしています。それは、新しい技術を探求し、創造のプロセスを進化させることで、アートの世界に新たな表現をもたらすことです。

これらの進化は、デジタルアートの世界において、創造性の新たな時代を引き起こしています。新しいツールと技術の導入は、アーティストが自分たちの想像力を具現化する方法を大きく変化させ、そして拡大しています。

これからのデジタルアートの世界は、成生AIとPhotoshopのようなツールの進化によって、ますます革新的で刺激的なものになることでしょう。これからも、その進化を見守り、私たちがどのようにアートと創造性を理解し、表現するかを再定義していくことが楽しみです。

kojo

パソコンBasic打ち込みの為に英語学習を決意した幼少期。経営学への関心を持ちながら写真業界へ。フィルムからデジタルへの変化を経験。写真撮影・映像制作・NFT・ブログ発信・動画配信を中心に好奇心を原動力にブログ発信。SNSとのMIXマーケティングを2011年にスタート。I'd like to be a creator!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA