• 日. 4月 14th, 2024

順位検索ツールを上手に活用して検索上位表示を目指すGRCを選ぶ理由

Bykojo

12月 9, 2022

投稿日:2022年12月9日 最終更新日:2023年9月13日 記事制作:kojo

レンタルサーバーを契約してサイト運営している人々にとって、検索ワード追跡ツールはとても重要です。新しい記事をつくる時も、既存記事をリライトする場合にも重宝します。ノビリスタやGMO順位チャッカーを試した後に私が思うのは、本当に重要なツールはどうやらGRC一択という点です。Googleの検索エンジンのコアアップデートなど変更があった前後で記事がどの程度影響を受けているか確認することも重要な課題です。

GRCはウインドウズを使ったソフトで5サイト500ワードの登録でコスパがいい

多数のSEO対策会社で採用の実績。検索順位チェックツールGRC

GRCのツールなら、月額500円くらいで5サイト、500ワード登録できます。もうちょっとお金をプラスして、サイトやワードを追加することも出来ます。そして1番いいなと思うのは、登録したワードがすぐに検索できる点と、上位100追跡で検索ワードの上位検索記事を簡単に確認できる点です。現時点で5サイトで498語登録しました。Macの横にウインドウズPCを置いてリライトしています。最近のメインPCはマックなので古いウインドウズPCがちょうどいい感じです。

エックスサーバーとロリポップ!どっちにする?レンタルサーバーの使用感

一つのサービスでは問題解決できないSEOツール

ラッコキーワードを使う目的は、自分の考えたタイトルと世間の人々が検索するワードとの隙間を埋めることです。

業界人が使う言葉は一般的に使われていません。また、どんな言葉で特定のキーワードが説明されているのか知ることも重要です。

最低限それらが説明されていなければ、説明されているサイトの方が上位表示されるからです。

最終的にGRC一択の近況報告

今現在私はGRCに落ち着きました。

そこで改めまして、皆さんにおすすめします。GRC最強です。

月に500円弱で5サイト500キーワード。私がやっている流れは次の通りです。

1.グーグルサーチコンソールでクリエを見てサイトごとにキーワード入力したり、自分で考えて将来上位検索されたいワードを打ち込んでおく

2.GRCを開いて次にどんな記事を書くか考える(タイトルから考える):心配なら成生Aiに打ち込んでみて助言をもらう

3.新規投稿にタイトルを打ち込んだら、見出しを作る(H2サイズ)

4.見出しの後に文章を書き出していく

5.必要な画像をソフトで作ったりシュミレーターで撮影したりする

6.毎日順位確認する

そこまでこの価格でできるなんてすごいです。

多数のSEO対策会社で採用の実績。検索順位チェックツールGRC

アフィリエイトしていく中でとても重要な位置付けのツールです。A8ネットさんでアフィリエイトがありますが、本人申し込みをすることはできないものなので安心して導入してみてください。

私も興奮して入会してからもしかして自分で申し込んでのセルフバックがあるのではないかと不安になりましたがありませんでした。

GRCを選択:他に2社使ってみたけれど

 やはりコストパフォーマンスがいいのはGRC。1番安い価格帯の月払いの約五百円くらいのプランで500語までのうち、私の現在登録ワードは390語。まだ余裕があります。サイト数は5サイトなので一般的には十分でしょう。こういった見出し語のアイデアは、残しておかないとすぐに忘れてしまいます。ラッコキーワードとかを見ながら思いついた、自分の想定する客層に響く検索ワードを意識して貯めて行って、その検索記事を発見するのがGRC導入の目的です。しかも、ランクイン記事の情報を見続けることでかにバリゼーションも関しできるのです。もう一言言うなら、昼間の作業中に入力したワードの検索結果をボタンひとつですぐに確認できる点が最高です。すぐに記事制作に取り掛かりたいのに、翌日にならないとわからないクラウドでは遅すぎます。書きたい意欲が削がれてしまうのです。

検索順位が、見える。検索順位チェックツールGRC

GRCもラッコキーワードも一時的に休止してみる(2022.12.09更新)

 一年を通じてずっと使い続けることには無駄も生じます。検索順位が急激に変化することはあまりありません。そしてそもそも入力していないキーワードでは、なんの意味もありません。そして、ずっと同じ様な作業を繰り返しているとクリエイティビティに影響します。そうです。毎日GRCをチェックする日課になってしまうと、それだけで満足してしまうのです。あくまでも、記事作成が重要なのです。もちろん、ラッコキーワードなどでたくさん検索されるワードを見つけることも大事かもしれません。が、私は自分の言葉と世間の検索ワードの隙間を埋める作業だと感じています。どちらかというと、記事作成してからの、リライトする時の重要性が高いと感じます。今、書いているこの記事もは「ノビリスタ SEO」で50位くらいの記事です。そこで、リライトしています。読んでくださる方が早くGRCとラッコキーワードに辿り着くことが目的です。私はこの方法に辿り着くまで、自分で経験してコストをかけました。そんな必要はないのです。そこで、GRCもラッコキーワードも契約は1ヶ月単位が私の選択です。そしてウインドウズPCにGRCは3種類ダウンロードしています。通常盤のGRCとモバイル、そしてGRCーWです。まだ、やっていないのですが、時期により通常盤とモバイル用とで登録キーワードを変えての運用をしてみようと思います。ライセンスがキレても登録キーワードはPCのソフト上に残るのでそれを有効利用してみたいのです。実際に1位になっているキーワードを眺めるのは楽しいですが、意味がないのも事実なのです。どんなキーワードで上位表示させたいのか記録しておくアイデア帳にするべきです。また、運用していて気付きがあれば更新します。最後まで、ありがとうございました。追記:本日GRCの契約が切れました。その瞬間から過去に取得した順位も表示されなくなりました。契約が開始した時間で切れました。急に一気に、心細くなりました。ちょっと、頑張って耐えてみます。

検索順位チェックツールGRC

ラッコキーワードも、GRCも再開しました(2022.12.27現在)

 どちらも、すこし離れて考えをまとめることで新しく考えることもあります。いきなり順位が20位くらい落ちているページを発見することも可能になります。「なにか、おかしい」と感じるための発見材料になります。そしてちょっと時間をおいてきちんと判断して、上位表示サイトと比べて自分のサイトのH2で書いている見出し分と内容を訂正したり、増やしたりしたいところです。そこでやはり、頼れるのはラッコキーワードの共起語検索です。挙げられた語句での取り扱いがないものを、記事に書き足します。そういった試作の繰り返しです。

今はGRCだけ、月額課金でオンとオフをモチベーションに生かす方向性

 GRCが切れると、スパンと検索順位確認ができなくなります。これ、すごく不安になります。

数日間、意図的にわからなくすると、意識が活性化されます。やらなきゃ、やらなきゃ、やりたい。そうです。記事を書きたくなるのです。

そんな使い方でやります。年間で契約すると二ヶ月分お得になるようです。でも、なまけちゃいそうなので、こんな使い方になってます。

年に数回、GRCを再契約して記事作成をしています。数ヶ月見なくてもそんなに順位は変動しません。

順位を確認することより、次にどんな検索ワードで上位表示させるかといった記事タイトルの作成案を溜めていく場所なのです。

私自身は、写真撮影が得意でそういった分野の問題を解決する記事をメインで書いています。

将来のお客様を集客する、検索してもらうキッカケとしてどんな語句を絡めてタイトルを書こうかといつも考えています。

そんな時、GRCはとても便利です。とにかく、アイデアを入力しておくことです。

スペースを入れて打ち込むことで、and検索になります。箇条書きの様に考えています。

ストロボとかライティングとかの知りたい情報と、検索者の特定情報(美容師とかカメラマンとかブライダルとか)に関する語句、目的に関する語句などをミックスします。

kojo

パソコンBasic打ち込みの為に英語学習を決意した幼少期。経営学への関心を持ちながら写真業界へ。フィルムからデジタルへの変化を経験。写真撮影・映像制作・NFT・ブログ発信・動画配信を中心に好奇心を原動力にブログ発信。SNSとのMIXマーケティングを2011年にスタート。I'd like to be a creator!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA