• 日. 6月 26th, 2022

人類と嗜好品の関係

人類と嗜好品

人類の歴史とアルコールや麻薬やタバコ。

何が合法で、何を持って非合法なのか。

常習性があって、幻覚などの精神的な錯乱を伴うものは

周りの人を傷つけてしまう可能性があれば危険だ。

禁断症状の有無も、錯乱状態を伴えば狂気の沙汰。

合法であるアルコールでさえ、飲みすぎれば中毒に成る。

人間は弱い。精神的なよりどころを必要としている。

それは家族かもしれないし、趣味かもしれない。

タバコもお酒も、ある種の共通の労働を行った人たちの心を結びつける。

お祭りの時の日本酒だって

休憩時間のタバコだって、お茶だって、お菓子だってそうだ。

現代人は砂糖漬けの毎日を送っている。

塩分を必要としている。

CBDに話を戻す。

カンナビノイドの事で、大麻から取れるハイに成る成分の無い成分。

THC(テトラヒドロカンナビノール)日本では非合法

他方THC(テトラヒドロカンナビノール)は精神作用のある物質でこれが含まれている商品は日本では非合法です。絶対に手を出してはイケナイと言うことを覚えておきましょう。

なので、健康食品として摂取するCBDを話しの対象とします。

効果

簡単に言うと、抗酸化を助けてくれて

体中にあるカンナビノイド受容体と結びつくことで作用します。

脳では感情を安定化し、体中で免疫系を活性化します。

CHILLAXYで安心安全な国産CBD製品を

今日はここまで。

只々気分が上がって盛り上がるアルコールでの酩酊と

体の免疫を上げてくれるCBD。

一時的に脳みそがクラっとする喫煙と比べて

精神を安定させてくれるCBD。