• 日. 6月 26th, 2022

動画編集したい時候補に上がったソフト4選

動画編集は面白い

そして

動画編集できた方がいい

自社製品の宣伝を考えると

SNSやホームページでの集客力が重要になる

短い動画にインパクトがあれば

アクセスも増える

商品やサービスに興味を持たれれば

より詳しい説明を見てもらえる

顧客との接点の違いで求められる動画が変わる

そんな中

操作性とコストの面で考えなければならないソフトの選択

動画編集ソフトは

お試しダウンロードで操作性を確認して決めるといい

私自身が候補として挙げる4つのソフト

それは

アドビのプレミアプロ

キャンペーンで登録するか

通常価格で購入するか

アカデミック版を購入できるスクール関連で購入するかから選ぶ

MACのFINAL CUTプロ

私はこれを選んだ

ソフトをハードのバランスを取ることが簡単なのではという想像と

画像の取り扱いに優しい操作感に惹かれての選択

マックミニにEIZO社製のモニター使用

マック購入前にウインドウズで使用するにあたり

操作性とコストパフォーマンスで選んだのがフィモーラ

ダビンチリゾルブ

かっこいい色調調整

RAW動画の編集

そんな感じのソフト

RAWを扱うことを考えると

マシンのスペックまで考慮に入れる

Blackmagic Design (ブラックマジック デザイン) Davinci Resolve Speed Editor キーボード Davinci Resolve 17 Studio (アクティベーションカード) とのセット

新品価格
¥53,329から
(2022/6/1 09:58時点)

フィモーラ

無料版をインストールして使ってみて

使いやすかったので使用を開始

慣れた頃にMACへ乗り換えて

その後は家族が使うことになりました

直感的に使えるそんなソフト

まとめ

どのソフトを使うかは

使ってみなくてはわからないでしょう

そして

ホイールタイプのコントローラーは必須です

マウス操作では

コマ残りが多発しました!

一コマ動かすのに

ホイールはとても便利です

一つはダビンチリゾルブについてくるようなタイプ

私が使っているのはTOURBOX

アップグレード TourBox NEO – 高度な編集コンソール グラフィックスタブレット デジタルドローイング 写真とビデオ編集用 カスタマイズクリエイティブ入力付き マクロ プレミア対応 (収納袋付き)

新品価格
¥28,245から
(2022/6/1 10:05時点)

FINAL CUTを使うと決めたら

必然的にこちらの商品に決定

そして

MotionElements

ある程度覚悟してコストを掛ければ

時間とパフォーマンスを有効活用することができます

音楽も重要です

動画制作は

ほぼ音声の産物です

モーションエレメンツなら

さまざまな素材が手に入ります

ちょっと

勇気を出して取り組むのもいいでしょう

関連投稿