• 金. 6月 21st, 2024

コーヒーを安価に美味しく飲む為の私の選択を公開

Bykojo

4月 30, 2023

投稿日:2023年4月30日 最終更新日:2023年4月30日 記事制作:kojo

美味しいコーヒーを楽しむ方法

  • 品質の高い豆を選びます。美味しい豆は美味しいコーヒにーなります。当たり前ですが重要なポイントです。豆自体の品質と焙煎の強さを選択することでさまざまなバリエーションがあるのです。見た目のいい綺麗な豆で、最近ローストされたばかりで、保存方法がいいものを適切な方法で抽出します。
  • 適切な方法で抽出しましょう。基本的な方法はドリップです。豆の量に注意します。コーヒー用のメジャースプーンを利用します。一人分150mlのお湯で10gを目安にするといいでしょう。薄目がご希望なら、お湯を沸かして加えましょう。
  • ブラックで飲むとコーヒー本来の味を楽しめますが、お好みで砂糖やミルクを加えて楽しみましょう。ミルクとの相性のいいコーヒーもあると感じます。さまざまな種類の豆とミルクの相性を楽しめます。
  • コーヒーを楽しめる空間を演出します。リラックスしたラグジュアリーな環境で飲むコーヒーは格別です。香りと味を引き立てるのは環境の良さです。
  • 一緒に食べるチョコレートやクッキーも重要です。コーヒーの香りを高めてくれます。
  • 家族や職場での人間関係をよくする場面を演出します。美味しいコーヒーを淹れられることはコミュニケーション能力を高めます。

コーヒーの選び方

私は、もうかれこれ数年ずっと澤井珈琲を愛飲しています。

澤井珈琲 コーヒー 珈琲 コーヒー豆 珈琲豆 ブレンドコーヒー 2kg 大容量 粉 豆 送料無料 金と銀の珈琲 200杯 分 福袋 ソルブレンド ルナブレンド プレミアム 贅沢 高級 逸品 ソルルナ 金銀

なぜならいつもある程度福袋みたいなパックで、毎回500gのパックを4パック毎購入しています。

価格と品質、味、何よりもミルクとの相性がいいので家族からの評判がいいのが決め手です。

何か味が喧嘩しないというか、でもクリームにまろやかにミルクと混ざり合うのです。

そのほかには、スターバックスの豆が好きです。

1990年代にアメリカ留学を経験した時、アメリカのコーヒー文化に触れました。留学した街、ワシントン州のべリングハムと言う街にはトニーズカフェという街カフェがあり、さまざまなフレーバーコーヒーを書店の様な空間で楽しめるスタイルに感動しました。旅先のポートランドでは、毎朝コートハウススクエアというレンガが引き詰められた公園内のスターバックスでエスプレッソを飲みながら行き先や1日の行動を決める様なスタイルをやってみた経験もあります。

コーヒーの楽しみ方

ドリップで飲んでもいいんだと気付いたのは、サードウェーブコーヒーの流れで有名なブルーボトルのコーヒーを飲んだ時でした。

吹っ切れた感じでした。

エスプレッソマシンもアメリカで買って持ち帰りました。

コーヒーメーカーでコーヒーを入れるのはやめました。

コーヒーを飲口の長い専用の電気品ケトルでその都度お湯を沸かします。とても便利です。

ペーパーを使うことも多いです。ペーパーレスのフィルターで コーヒーを入れることもできます。

アロマというか、コーヒーの細かい 粉砕された豆の一部が成分としてコーヒーに抽出されるので味わいと香りが変化します。

苦味を通り越して甘みさえも感じれます。

シンプルな構成から複雑なものまでいろいろな用具を使ってコーヒーを淹れられるのが、コーヒーです。

コーヒーの淹れ方

コーヒーの量は重要です。 毎回専用の計量カップで測ります。

私自身は便でコーヒー豆は、瓶に入れて常温で保存しています。

毎回、電気式のグラインダーで豆を引き、ガラス製のドリッパー上のペーパ上に豆を入れます。

口の細い電子ケトルで沸かしたお湯を豆がひたひたになる位注ぎます。

豆を蒸す時間は50秒くらいです。上手に蒸れてると豆がもこもこと、内側から膨らみます。

この工程を過ぎると私の場合は一気に お湯を注ぎ入れることになります。

ドリッパーの下部からおいしそうなコーヒーがコーヒーポートに落ちていきます。

香りは部屋中に広がり新しい朝を迎えることができます。

この時、私は2種類コーヒーを作ります。1つは自分用のストレート。

1つは家族用でオリゴ糖粉末ミルクを加え、コーヒーを注ぎ入れます。

そうやって毎日がスタートします。

使っている道具の紹介

最後に使っている動画を紹介します。

新しく道具を買う瞬間、とても楽しいので色々と迷ってみるのも良いでしょう。

人が使っているものをすぐ使ってみるのもオススメです。

豆は澤井コーヒーが私の基準コーヒーです。

まとめ

こだわればこだわったで、

ほんとに厳しくやり方がある世界です。

でも、

知識は知識で習得した後は、

自分なりにアレンジして楽しいコーヒーライフを 楽しみましょう。

価格の高い ケトルなら、コーヒーを抽出する お湯の温度にこだわることもできます。

でも私は気軽に楽しく美味しくコーヒーを飲むことが目的なので、自分のやり方を模索してなるべくシンプルで美味しい形を探しています。

グラインダーの豆をひく時間や蒸らしの時間は、気温や湿度によっても変えられます。昨日より美味しく飲もうと思うと毎日思考錯誤できます。

kojo

パソコンBasic打ち込みの為に英語学習を決意した幼少期。経営学への関心を持ちながら写真業界へ。フィルムからデジタルへの変化を経験。写真撮影・映像制作・NFT・ブログ発信・動画配信を中心に好奇心を原動力にブログ発信。SNSとのMIXマーケティングを2011年にスタート。I'd like to be a creator!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です